Column

ブラジル刺繍「タペサリア」を体験してきました!

Date :2019.01.30

以前私がネイティブ講師をしていた、横浜にあるポルトガル語教室「arcoverde(アルコヴェールジ)」でブラジル毛糸刺繍「タペサリア」の講座があると知り、手芸超初心者の私が体験してきました!


ブラジル毛糸刺繍「タペサリア」とは

まだまだ日本では知られていないブラジル毛糸刺繍のタペサリア。

正直、ブラジル出身の私も初耳でした!!

「タペサリア」とはブラジルの毛糸刺繍で、もともとのルーツはイスラム遊牧民の絨毯製作なんだとか。これがポルトガルに持ち込まれ、独自に発展し、その後移民によってブラジルへ渡ったんだそう。

毛糸でクロスステッチをすることで、ぷくぷくと立体感が出てすごく可愛いんです!!!(最初その可愛さに惹かれて、講座を受けよう!って決めた程。)比較的暑いブラジルで、毛糸刺繍というのも意外性があって面白い!というのが最初の印象でした。


タペサリアの講座へ

そもそも手芸をほとんどやったことない手芸初心者の私が行くのは大丈夫かな?と不安だったけど、少人数でアットホームな雰囲気でやっていると聞いて、ドキドキしながら教室に行ってみました!

今回タペサリアを教えて下さったのは、小宮華寿子先生です。
教室は少人数でやっていて、先生もとてもフレンドリーなお方で楽しい雰囲気で講座を受けることができました!

初心者がまず作るのは、こちらのカードケースです。キットには、針・毛糸・地布・見本・カードケースが入っていました。

まずは、外枠からひたすら横へ進めていき、角まで行ったら今度はそのまま下へ。やっていてよくわからなくなったところは先生に聞き、チクチクと進めていきました。
約1時間半程の時間で私ができたのはここまで!

・・・・・。
ちょっと言い訳をすると…生後6ヵ月の息子を連れていったので途中ミルクやらおむつ交換やらで中断中断で、あまり進められなかったのです。はい…(笑)
しかしペースも掴んでくるとどんどん進められるので、きっと中断がなかったらいいとこまでやれると思いますよ♩

慣れてくれば、地布にはすでに絵が下描きされているので、クロスステッチのようにマス目を数えたりする必要がないため、おしゃべりしながらチクチクできるのが魅力!そんなところもおしゃべり好きのブラジルらしいなぁ♩と!
私以外の生徒さんで長い方だと1年半程前から教室に通っている方もいて、違う絵柄をやっていたり、すごい方では自分でデザインした絵を地布に書いて製作していました!上級者になると、自分で作りたいものが作れて本当に楽しそうでした!↓こんな素敵なカバンとかもできちゃうらしい!!

ブラジルは手工芸品大国!だと思っています!
私の母も、おばさんたちも、友人も、手作り・手しごとが大好き!そういえばリオ五輪の閉会式でもブラジルの北東部の代表的なレース編みを紹介していたなぁと思い出しました。

(画像はGloboplayより拝借)

小宮華寿子先生も2年間生活したブラジルで、ブラジルの手しごとの魅力にハマったのだとか。今回、タペサリア講座の後に少しお話を聞くことができました!


ブラジルの手しごととの出会い

小宮先生は、約2年間ブラジルのリオデジャネイロ州ヘゼンジ市に在住。子ども3人を連れて、異国の地へ。
その時出会ったのが、おばあちゃんたちが集まる毛糸刺繍のタペサリア教室。
「おしゃべり好きのブラジル人はポルトガル語が上手に話せない私を必ず会話に入れようとしてくれたんです。」と懐かしそうに話す小宮先生。「教室はすっごく温かくて、どこか緊張感あって生活をしている中でホッとできる場所だった。」
慣れない国で、言葉もわからない中で、おばあちゃんたちがいるタペサリアの教室はどこか娘に戻れる場所、異国の地での心の拠り所でもあったのだとか。


もともとは出版業で編集をしていた小宮先生。「ブラジルの手しごと」を出版したことで、編集者としては一区切りついた!と感じたそう。
しかしその本を出版をしたことでカルチャースクールやポルトガル語教室の先生から声がかかり、タペサリアの講座を開くこととなった。
子育ても少し落ち着き、出版業も一段落し、新しいことを始めた今がすごく楽しい!と語っていた小宮先生がとても印象的でした!

そしてこの取材をさせてもらった後に決まったのが・・・

小宮華寿子先生直営の教室兼店舗が2019年4月末に横浜 洋光台駅前にオープン!

タペサリアの教室はもちろん、世界の雑貨や作品なども販売するそうです。また、詳細等決まり次第こちらでも告知します!


前から面白い表現だな〜と思うポルトガル語に「fazer arte(ファゼール アルチ)」ってあるんです。

これは直訳をすると「アートをする」ですが、「いたずら」とか「やんちゃをする」とも訳すんです。よく私の母が「Vou fazer arte!(ちょっとアートをしてくる=ちょっと刺繍してくる、手しごとをして遊んでくる)」といたずらっぽく言って自分の手しごとの時間を楽しんでいます!

手を動かして作ること。
難しく考えず、もっと気軽に、遊び感覚でできればきっともっと手しごとは楽しいんだろうなぁと!


タペサリア講座・ポルトガル語教室情報

【タペサリア講座】
今回体験させてもらった、ブラジル刺繍・タペサリア講座は不定期で開催しています!
詳しくは、mercadinho(メルカジーニョ)のツイッター・インスタグラムアカウントをご覧ください!
Twitter: https://twitter.com/mercadinho1
Instagram:https://www.instagram.com/mercadinho_handcraft/?hl=ja
2019年4月末には横浜市洋光台駅前に教室(メルカジーニョ)がオープン予定!お楽しみに!

【ポルトガル語教室】
横浜のポルトガル語教室「arcoverde(アルコヴェールジ)」
ホームページ:http://arcoverde.pokebras.jp/

LINK